読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダダイストとは2

ダダが滅びた理由に関して俺は、虚無主義実存主義へと変貌を遂げていくのに似ていると以前書いた。

もうひとつあると思う。

確かツァラだったと思うが、いや、ダダイストは言ってるし全員が思ってることだと思うが、ダダは死んだって言葉がある。

何故死んだか?クソ追随者のせいだ。

日本のネオダダが何故ネオダダと名乗ったか。厳密にはダダと離れているからだ。

ダダは無、だ。"作り出す気"などない。そもそもカウンターカルチャー、社会に対する反発であれど、ムーヴメントではない。

虚無感の昇華、それさえ終えれば"終わるもの"なのに、"死んだ"。何故か。

ダダイストを名乗るやつのせいだ。

段々規模が大きくなるにつれ、みんな真似し出す。

メルツバウを作っていたクルトシュビッターズ、俺は好きだがダダイズムに参加できなかった。

クルトシュビッターズは一人でやりだした。でも、メルツバウは成功していることだと思う、だが、そんなやつが増えすぎたんだと思う。

ツイッターを開いていたらミュージックネオダダイズムなんて抜かしてるやつがいた。そいつのツイートを見ていたが、ダダからはおよそかけ離れていた。

ダダはカテゴライズするべきものじゃないし、ダダ宣言は皮肉であり、傍観者でしかない。ダダは名乗る人間が表現を定義するためのものでもない。

ダダイズムは追随者によって死んだ。終わる前に殺された。

ダダは無意味だ。俺は路上で友達とただただ叫んで、ダダを名乗ってたがすぐ辞めた。路上ミュージシャンの妨害、という意味が出来てしまったから。

ダダは何も意味しない。こんな討論無意味だが、ムカつくから書いた。

BLANK

「誰々みたいに成りたい。」

「誰々を尊敬してます。」

「誰々を崇拝してて。」

ジムモリスン、ドアーズ、俺はあんまり好きじゃないし、詩も読んだが意味があんまりわからなかった。

「俺は人を尊敬しない。」

あとの言葉は忘れたが、そんなことを言っていて、俺はそれだけよくわかる。

ロックスターになりたい、アイドルになりたい。

努力ってやつの正体は、その人がその人であり続けるってことでしかない。

血の吹き出る努力は、その人がそれをしないとこの世の中に何もやることがない、って場合のみやるべきだ。

ひとは、自分にしかなれない。

君が好きなスターは、自分で居続けた結果スターになってたって話だ。

みんな、成功者は、「成功したくて」やってるわけじゃない。

書かなきゃ死ぬ、飯を食うよりギターを弾きたい、その人がその人であるってことは必ずしも有名、と結び付くもんじゃない。

有名になりたくてバンドしてるやつは、有名になったあとはどうするつもりだ?

考えろ、お前って器を。そして、器に一番合うものだけをそっと飾れ。

腐った朝日

時計仕掛けのオレンジを見てたら9時30分になった。

昨日は徹夜だ。メンヘラがどうだののクソみたいなことをブログに書いてたらやたらとしきりに猫が鳴いてる。

イライラしてきて俺は映画を見ることにした。餌をやったら黙った。

キューブリックとか言う天才のお陰で俺の朝は最高に気分がよかった。外は晴れてて申し分ない。パーカー1枚羽織ればいい、春はすぐそこに来てる。

猫は寝ているし静かでのどかな朝だ。今日はなにしよう、って前向きに考えられる気分だ。夜はどうしようもなく憂鬱だし、彼女は実家に帰っててくたびれる。俺は待ってた、この朝を。昨日の消耗した気分も一気に朝と晴れた。

俺は何を食いたいのか、まず考えた。おにぎりが食いたいと思った。昨日作った抜群の出来の唐揚げと一緒に。

夜は難波でラーメンを食おう、DVDをもっと買おう。今まで映画をあまり見てこなかったから。

俺は外に出た。自転車に乗って、本当に清々しい朝はいつぶりだろうって感じだ。俺は今日の朝を愛していたし、彼女を愛しているし、ほんのすこしだけ自分を好きになってやってもいいのかもしれない、なんてほんの少しだけ思った。

コンビニについた。シャケ、ゆで卵入り、オムライスのおにぎりを買うことにした。シャケはエビマヨより10円高い。でもこの気分のいい朝は味付海苔なんかじゃなくて、ピシッといきたい。

レジは俺の前に二人、おっさんが一人で対応してる。

俺は並んだ。隣を見た。げんなりした。全て、この久しぶりに感じた気分のいい朝が崩壊していく音が聞こえた。

Shit!!クソが!!若作りした女と腐ったデブが二人で商品の陳列をしてる。笑いながら、クソ下らねえ会話の応酬。

俺はコンビニの店員をしてたからわかるんだが、いや、誰だってわかるだろう。俺の後ろにまた並ぶ。

アホはまだ話続けてる。

買い終わって外に出た帰り道、俺はもう何も食いたくなくなっていた。

ドラッグストアの前、咳止めシロップを買おうと思った。財布には10円玉と50円玉があるだけだった。

 


f:id:annalisamoscuwa:20170326102914j:image

#病み垢さんと繋がりたい

18歳までの人間は、情緒不安定で対人恐怖症だ。神経が剥き出しになってて包むカバーを求めてるから。心臓がそのまんま体に直結してるのが思春期だ。まぁ、大体のやつが高校を卒業して、大学に入った瞬間に何もかも許せるようになる。

落ち着くまでがどんなプロセスか?

自分の願望に、"愛されたい"、"理解されたい"だのに対する絶望で、だ。

セックスはただのセックスだ。この世界には理解も愛もない。そんなものは前頭葉の妄想だ。クスリを飲むより絶望した方が早い。18までの苦しみは、大抵思春期の爆発でしかない。薄くとも濃くとも、誰しもが感じてる。自分を病んでるとカテゴライズすることで少しでも気が楽になるからやってるが、段々エスカレートしていく。

病気ってのはそもそもが自覚できるものじゃない。対人恐怖症だのに自分を当てはめることで、学校にない自分の居場所を作ってるだけ。

そもそも全員がなんで同じ行動をする?リストカットにカッター、カミソリ。過食嘔吐、あとはなに?錠剤?

自分で自分が本当に落ち着く方法を探せばいいのに、大体漫画だのネットの知識で自分を埋め尽くす。

大体だ、幸せってなんだ?

大抵のやつの妄想は酷似してる。親に理解してもらえない、から始まり、だ。虐待を受けてる、だの。

どこの家庭も大抵一緒だ。思春期は心理学的に、親が敵に見える。そうやってみんな、親から離れていくんだよ。当たり前のことだ。

何が言いたいかって?

メンヘラだの、病み垢だの、ネタにしてバカにしてるやつがクソほど見ててうっとおしい。

みんなみんな通る道だ。そうやって、インターネットを介してみんな楽になって、大人になって、いつかそんなことしてた自分を笑えるようになればいい。

どこにも言い出せずに死ぬよりマシだ。そうだろ?

ムカつく郵便局員

言葉の天使チャールズブコウスキー郵便局員だったらしい。

ポストオフィスって一番最初の長編に住所を覚えるのが大変だ、って書いている。郵便は激務らしい。

アメリカはでっかい、でも日本は小さい。HUH?俺の家はわかってるみたいだし時間も間違えてない。遅れてもない。

なのに、Ah、ボケが、"不在届"こっちは在宅してるってのに。

おかげで昼からイライラしっぱなしだ。

好きなバンドのLPを届けてもらう予定だったってのに、イライラする。金を払ってストレスを買ってるのか俺は?Huh?クソが。

この前は中島らもの小説を持ってきてくれた。わざわざストレスをおまけして。

その上ズカズカ家に上がってきやがって、帰りは「ありがと。」なんかおかしくな~い?

アホが、ずっとそんなんだから郵便局員風情で終わりなんだよ。

そりゃ郵便局員にも立派な人もいる。そういう人はたぶん、それなりにいい役職に上っていくだろう。

深夜のコンビニ店員の「ポイントカード責め」お前らはそんなとぼとぼしてっからずっとそこにいるまんまなんだよ。

夢を追いかけるのは勝手だが、俺の届け物にストレスを抱き合わせで寄越すのは辞めてくれ。

天才は居るのか?

フランクザッパは天才だ、と言う話をよく聞く。時代の先を行きすぎた音楽センス、高度な技術、買っても買っても尽きない音源の数。

エルメートパスコアルも天才だ、とよく聞く。1日1曲作曲し、マイルスと共演し、テレビの人の話し声を音楽にしてしまうセンス。

フランクザッパの人生はブルースだ。女の子と映画を撮って、ヤってもないのにポルノ扱いされ刑務所に送られるわ、頭のおかしいファンがライヴ会場を燃やすわ。エルメートパスコアルはアルビノだ。

何が言いたいか?天才なんてもんは居ない。

ジミヘンは一日10時間練習して、「世の中には11時間練習してるやつがいる。」なんて言ってるぐらい真面目だ。

天才と狂気は紙一重?狂気じゃないやつは音楽、及びに芸術を辞めるべきだ。

キングクリムゾンのリーダーはロバートフリップだったっけ?REDと言うヤバいアルバムを残して解散して宗教にはまっちゃったらしい。

人間ってやつは悩みがある、苦しみがある、なんらかしろの形で。それを昇華させたりする道具が芸術だ。

必ずしも苦しみがなければ芸術が出来ない、なんてことは思わない。

みんな同じような経験をしてる。その物事に対する向き合い方、それ次第で天才ってものになるんじゃないだろうか?

イチローはたまたまバットを握った、それが、自分にあった形だったからプロになれた。天才ってのは自分を生かせる道具を見つけたやつのことだろうと思う。

電卓の天才がいてもいい、コピーの天才も、それとデザインの天才、ギターの天才、なんの違いがある?お金と世の中の注目の違いでしかない。

自分を生かせるものを見つけたら、誰だって天才になれる。

まぁ大抵のやつは、世の中に合わせようとして失敗してる。

サラリーマンの天才に成れたであろうやつが、路上で今日もアコギを弾いてる。俺はそれを見てイライラしてる。

知覚の扉

自己肯定し終わったやつ、俺はわかった、ってやつ。

脳みそは思考に左半分しか使われてないんだってさ。

世の中にはまだ知られてないDMTより強烈な幻覚剤もあるのかも知れないし、俺たちが味覚、触覚、聴覚、視覚、嗅覚で感じられる以外の感覚も世界にはあるのかもしれない。地球上に全ての謎と答えがあるってか?そんなわけがない。

それでも、猫がピアノの上で暴れまわって、モーツァルトアイネクライネナハトムジークを書くぐらいの確率で、文字の羅列の中に俺の答えを探す。韻の奥に書かれる意味に世界を探す。

俺は知った、ってやつは何も知らない。お前が知ったのは、偶然ボーリングのピンが全部崩れたみたいに、再現性の低いクソだ。そうだろ?