Pink Floyd

 

Wish You Were Here

Wish You Were Here

 

 

W

 

芸大を20年ぐらい前に卒業して、未だに精力的に芸術をしている方たちと、神社の神主さんのログハウスで、爆音でアナログのピンク・フロイドAtom Heart Mother聞いたのが初めてだった。

感動して家で聞き返すと、?、いまいちだった。

Echoesを最近聞いて鳥肌が立った。あのログハウスの時を思い出した。

ピンク・フロイドは音で全てを伝えることの出来てる数少ないバンドだと思う。ものすごく自己探求しやすい音楽だ。

KLFのChill Outが何故フロイドをパロってるのか?それは、昔、レイヴ終わり、皆が思考するために、或いは落ち着くためにフロイドを聞いていたからだそうだ。確かにChill OutはAtom Heart Motherに似ている。両者ともに電車の音、日常の音が入っていたりするからだ。

フロイドを聞くとまずわかるのが、楽器なんてうまくなくてもヤバイことが出来るってことだ。そりゃ、確かに技術はあるが、キングクリムゾン、イエスと比べると、そもそも目指すところが違うとは言え、やっぱり下手だ。

そもそもログハウスで聞いて以来聞かなかったのが、リズムのズレとかのせいだ。

でも聞くうちにどんどん自分の考え方が変わっていくのがわかってから聞くようになった。

フロイドはピストルズに似てる。フロイドはプログレ、サイケの仮面を被っているし、ピストルズはパンクの仮面を被っているが、二つのバンドとも、同ジャンルのどんなバンドよりも何かを伝えようとしている。その何かは各々解釈すればいいと思う。そもそも言葉で表せるなら音楽になってないわけだし。俺は受容と嫌悪を感じた。

ピンク・フロイドはシドバレットが抜けてからが好きだ。Wish You Were Hereが到着点だと思う。Wish You Were Hereで表したことを求めるためにやり続けていたように思う。

オトモダチ

SNSでブロックされた程度でみんな怒りすぎだ。ブロックしたあとにガタガタつぶやいたり、俺の友達に愚痴ったりしてるアホが多すぎる。

陰口がやたらと耳に入るが、俺はハッキリ本人に連絡する。だから陰口を言う必要がない。

そんなに気にくわないなら俺に話してくればいいのでは?

俺はお前らに興味がないからブロックしただけだ。なのに俺のことそんなにHATEしてるって、俺に興味持ちすぎだろ。

どんだけ嫌いなやつでも、縁が切れればなんとも思わなくなる。死体か、道具にしか見えなくなる。

そんなやつのこと、考えるだけ時間が無駄だからだ。

18過ぎてウダウダ他人の愚痴を言ってるやつ、頭、大丈夫か?

小学校の終わりの会で、

「~~くんごめんね。」

「いいよ、これからはしないでね。」

「はい。」

みたいな人間関係、引きずりすぎじゃないのか?

謝罪に何の意味がある?ウザいやつはウザいだけで嫌いなやつは嫌いなだけだ。

俺に謝られたいの?もう何年も昔の話だぜ?お前ら、どれだけ人間、小さいんだよ。

俺はどれだけ他人に嫌われててもなんにも気にならない。

今俺がムカついてんのは、俺の友達を挟んで愚痴ってるアホにだ。俺の友達に迷惑だから辞めてくれ。

そんなことも分からないのか?お前ら、いったい何歳だ?

道徳の時間を真面目に聞いてたみんな、友達なんて浅いもんだぜ。友情なんてないよ。

あるのは愛だけだ。まぁ、友情より何年か寿命が長いだけならしいけどね。

自傷行為について

不安定なシーソーの上で突っ立ってる。現実ってやつを素直に見ようと、俺がどこに立ってるのかみようとすればするほど不安定になってく。

純粋にこの場に居ることを信じられれば楽な話なんだが、人間そうもいかずに確かめたがる。

金が、愛が、女が、、。そうやってなにかを追い求めジブンの存在を確かめようとして失敗したときに人間は後悔する。

リストカット合法ドラッグ、酒、、。

俺は精神病院に通ってたことがある。その帰り道、うんざりしながら項垂れながら、なにかを探してTの町をぶらついてた。

汚い店構えだった。T飯店。炒飯ラーメンセット780円。

タバコを吸ってる亭主、馬の話をしてるおっさん、水を配ってる亭主の嫁さん。俺は何となくフラッと入ってみた。

出てきた飯はとんでもなく普通の家庭料理みたいなものだった。はっきり言ってクソ不味い。

最悪だ。なにかを探すための僅かな小遣いから遣り繰りした780円がこのクソ不味い炒飯ともやしとネギと固い豚肉の浮いたラーメンに姿を変えてしまいやがった。

780円を不味い飯に変え、胃にぶちこみ、俺は外に出た。清々しいほどイラついてた。

そのとき、俺は気がついた。その頃は高二で、言語化出来てなかったがいまなら言える。

不味いものに金を払って食うって行為は、自傷行為だ。

僅かな金を捨てるより気分の悪い使い方をする、このやり方に俺は気に入った。

そこからは俺は専ら不味いものを食うことに専念した。

世の中には耐えられないほどつらいことがある。そのなかでも比較的、耐えれるつらいやつを発散するときに自傷行為~クソ不味飯~をやることにしてる。

缶コーンが入った炒飯、ナシゴレン~東南アジア風~、黒焦げの唐揚げに業務用マヨネーズをかけただけの弁当、そういう不味いものを食うと、自分を虐げた感じがしてたまらない。

昨日は芯ごとスライサーで千切りにしたキャベツの上に、冷凍唐揚げより不味い、惣菜の唐揚げより味の薄いべちゃべちゃした唐マヨ丼を食った。クソ不味かった。

俺は手首を切るより、クソ不味いものを食うことにしている。

Dawn Damn Doom

何を書こうか、なにも思い浮かばない。

隣では死にたい死にたい言ってるヤツが居る。

ミサイルにビビってる、人生に期待してるやつらが街を闊歩しててうんざりする。

久々の友達との喧嘩と、クソ不味いラーメンと、うんざりする分だけ増えてくタバコ。40本のタバコ。倍だ。

こんな現実も悪くないかもな、なんて言いたいが言えるようなヤツじゃない。成人式に出てないやつしか友達に居ないんだぜ?どうしようもない。

現実がバッドトリップ。

俺が何をしても何にも変わらない毎日だが、信じるしかない。

夜明けはすぐそこだ?何処にもない。

夜は明けたと信じこもう。それぐらいしか俺たちに出来ることはない。

201704250126 部屋の中、Echoを吸いながら

退屈で発狂しそうでなにかを探して何もなかった夜。

俺の横には友達が居て、とにかく二人で世の中は腐ってるとぼやき続けながら歩いていた。

今日の昼間には寝惚けながら本を読んでた友達がバスで帰ってしまった。

また腐った日常だ。でも夢ってのは覚めるからいい。

退屈で退屈で死にそうだ、だけど、後輩の言葉、「結局自分で楽しくするしかないじゃないですか。」その通り。

喫煙所の前で話してる金髪のギャルが俺に話しかけてくれるわけもない。話しかけにいくしかない。待っててもなにもやってこないのはわかってる、わかりきってることだ。

でもそんなことも抜きにして、全部抜きにして、ただただ圧倒的な退屈。

人間はみんな依存してる、なにかにハマってる。

俺は退屈依存症だ、という人間を見たことがあるか?

偉そうに自己表現だの芸術だのいってても、それは退屈しのぎで宗教染みてる。そうだろ?

でもやらずに居られない。年に3度、7分ずつぐらいしかない、至福の瞬間のために、俺は吐く、俺の言葉を。

今年一番の思い出は、女友達と一緒にたこ焼きを食った夜だ。火傷して脚をバタバタしながらうまい、うまい言っていた。

でもそんな日は滅多にない。あぁ、うんざりする、退屈だ、でも、何かあるって思い続けるしかない。何か、行動することだ、なにもないとわかってても。


f:id:annalisamoscuwa:20170425014332j:image

 

Please watch Annalisa Moscuwa live👇👇

http://www.youtube.com/watch?v=idTnjUhY2AM

 

201704241636 monday afternoon my room

今日は学校を休んだ。

俺は予定通りにコトが進まないのが一番ムカつく。"真面目"だからだ。多分、恐らくは。

真面目ってのは偏屈ってことだろう。

「もう少し生きやすい生き方をすれば?」と言われたことがあるが、生き難い生き方が一番生きやすいから本当どうしようもない。

さぁ、僕に非はあるのでしょうか?といつも思う。

あるとすれば"社交辞令がわからないアホさ"か。

俺は絶対にライヴで良かったです、とは言わない。良かったと思う人に対して伝える良かったと、悪くても頭下げておいた方がだるい問題がなくなる相手に伝える良かった、は同等の質だからだ。あくまで良かった、とは単語だ。相手に伝わる段で俺は、良いものも悪いものも、良かった、の単語になるのが嫌だ。それなら悪いものには言わない、そういうこと。

俺は嫌いなやつは嫌いなだけでそれだけだ。嫌いを通り越すと無関心だ。"興味がない"から話になってもすべて聞き流せるようになる。

俺のことが嫌いなやつはいつまで俺の話を陰でコソコソやってんだ、と思う。俺はお前らにまず、興味がないからそんな陰でコソコソ言ってねえでその時間をもっと有意義に使えと思う。時間の無駄だ。嫌いな俺のために時間を割くなよ。どうでもいいけど。

そんなこと言いながら陰でコソコソ言ってやがるやつらのこと気にしてるから、俺はダメダメだね。

タバコが吸いたい。肺が爆発して、全身が消えてなくなるような強烈な。

 

Annalisa Moscuwa live     check this👇👇

https://m.youtube.com/watch?v=idTnjUhY2AM

 

Exit from Reality

「死にたいってより殺して欲しいんすよね。」

俺もだ、そうだよな?そうなんだよ。

でも本当のところは殺して欲しいんじゃない、"俺の存在をこの世の中で爆発させたい"だ。

退屈で吐き気がする。世の中は終わってるってのに何かはじめようとしてなんにも形にならない毎日。

息してんのも忘れるぐらい何かに逃げたい。依存したい。Fuck You以外の言葉がなんにも見つからない現実の中で、クソみたいな女みたいな現実になんとか振り向いてほしくて必死にやってるが、世の中そう甘くない。

現実って奴は退屈で俺のことが嫌いみたいだ。俺はお前が大嫌いで大好きだ。

俺は抱き締める代わりにお前の首を絞める。でも俺はこんな腐った現実でも愛してる。

今日はうんざりする日常をなんとか楽しくさせようと必死になってるやつと知り合った。そいつは完璧だった。俺が理解された。

そんな瞬間だってある、時たまにしかないが、運が悪いときはいずれ運が俺に渡し忘れた分を回してくれる。

以外とわからないだけで、愛されている。

 

Please watch Annalisa Moscuwa live!!👇👇

 

https://m.youtube.com/watch?v=idTnjUhY2AM