スラッジ禅問答

ダダは何も意味しない。

恐怖はただ恐怖という状態でしかあり得ない。

ものすごく怖い体験をすると、それを良かったものだと昇華する反応が頭でっかちの脳内で働く。

防衛反応だか知らないが、一時的に傷を癒すだけでドンドン悪化する。

例えば俺の場合は、日焼けサロンで焼いた肌にケバい化粧の親戚に何時間にも渡り毎月

「お前が悪い、お前が居るのが悪い、お前さえ居なければいい、お前が居るせいでダメになる。」

と責められた。

それを俺は良い体験立ったと思い込もうと、自慰行為に親戚に似た人物を使ったりしていた。

ドンドン分からなくなるのだ。怖かったのに、幸せだったに変わってくる。そして、自分にとって大切な人物ができたときに今の幸せに転換した怖さを伝えようとしたりする。

楽になる分錯覚を繰り返し続けて、気づいたときにはもう遅くなる。

俺の親父のパターンがそれだ。

「俺はお前を傷つけてしまった。だから誰とも関わらないでおく。」

40過ぎた、50近いいい年してようやく気づいたらしいが、にしても情けない達観だ。だが、それで気づいたことがひとつある。

自分がされて嫌だったこと、もしくはして嫌だったことに自己憐憫が混じっているか混じってないかを判断しなきゃならない。

「俺ってひどいことされた。しないようにしよう。」

ではなく

「俺ってあれが嫌だった。しないようにしよう。」

が大切だ。

「俺はお前の育て方がわからなくてひどいことをした。」

そんなことはどうでもいいのだ。

「お前の育て方がわからない。」

ことを肯定するのはどう考えてもおかしい。自己憐憫を他人に向けるのは絶対にしちゃいけないことだと思う。

俺はとにかく、嘘が嫌いだ。嘘が怖い。

どれが本当で嘘か、防衛反応を越えて感じよう、信じよう。それが乗り越える手立ての一つだ。

現在PTSD(性虐待)を再体験(奇跡的に相手の状態と自分のされてきたことが一致しただけ)したので、完全に恐怖が戻ってきた。

その恐怖をなんとか良いものにしようと無理矢理取り繕うのには疲れたし、メッキが剥げて中身が剥き出しなのにメッキ張りのフリしても何の意味もない。

ドンドン現在ある自己を削ぎ落としていきたい。それで残った骨組み、それが俺だろう。

その俺自身を認めるのは、他者との比較さえなければ大してつらくないだろう。

大抵の自己否定は他者との比較から来るものだ。日本が自分だけが1億人居る世界だと仮定したらどうなる?自分と自分を比較するか?

何かに特出した人間は何かに弱い。その弱さをかっこいい、と思うのは間違っている。

「あの人はこの作品を作ったから奥さんを傷つけてても納得できる。」

それはおかしい。

俺は、いや、全員そうじゃないだろうか。

「俺はこんな性格だが顔がいいからいいんだ。」

「顔は悪いが優しいと言われるし。」

そんなことはどうでもいい。

ただあるがまま自然な自分で居るのが一番楽だ。いつ否定意見を隠すために取り繕っている姿がばれるだろう、とビクビクすることもなくなるだろう。

とにかく他者を無視しろ。それで嫌う程度のやつなら切ってしまえ。だが、他者を無視する前に大切なのは自己欺瞞と自己憐憫を含まない自分の態度が必要不可欠だと思う。

うんざりだ

書くのもだるい。

誰にも話したくない。

うんざりだ。

もう本当に疲れた。

もういい。

 

本当だろうか?本当だとなぜ言えるんだろうか?

blogは、blogと言う他者との比較の存在する状態で客観的、もしくは主観的な感情を言語化するために行っている。

これは他者に対する自分の態度だろう。

本当のところ、そんなに疲れてるならblogなんて更新せずに寝るはずだ。

本当のところ、本当に眠いので寝ることにする。

最後に一つ。疲れた、は疲れた、でしかない。

~~という因によって~~という果が出来たという考えは消した方がいい。因に対してどう自分が反応したか、だけを客観的に眺めるのが大切で、果と言う言語化されたものはすべて限りなく嘘に近い本当なだけで本質ではない。

本質は因果の因。果になる前に何かを悟れ。

レイプされて怖い、だがセックスは気持ちいい、でなく、レイプは怖い、セックスは気持ちいい、でいいのだ。

なにかとなにかは絶対に同じにすべきじゃない。

幸せは不幸じゃないし、不幸は幸せではない。

言語とは不自由なものだ。本質を突きすぎると誰にも分かっちゃもらえない禅僧の「渇!」のようになりがちだから。

だから他者(未来の俺)に対して伝えるために、わかりやすく今の考えをblogに書いている。

あれ

アレってなんなんだろう?

形容の仕様がない真実。

ハンバーガーの一口目に同時に笑ったり

鳩に餌をやったり

猫の髭が一本黒いのに気づいたりしたときに

パッと現れるアレ。

それだけを見て生きていくことがどうして出来ないんだろう。

それ以外に何か必要なものがあるんだろうか?

あるとしたらなんなのか教えてほしい。

アレの時の俺はなんの疑いもなく純粋に笑ってる。

アレの時だけ。

ずっとアレでは居られないんだろうか?

その方法を探してずっと間違えて傷つき続けて

この先に何があるのか誰か教えてほしい。

Last

8分前、吐き気と目眩で卒倒しそう。

どんなバッドよりも最悪のバッド。

自分を見られるのはこの世界で一番の恐怖だ。

耐えられない。

逃げ出したい。

5分前。

本当にこれで最後の投稿にする。

13日にまた何か書く。

なかったら死んでるかもしれない。

Sunday Evening Evil ILL Still

こんなに怖いのは始めてだ。

気を抜くと持っていかれる。

ヤバイほど殺伐としている。

駅前改札前30分前。

刻々と迫る、待ち合わせの時間。

怖くて怖くて死にそうだ。

はじめの一言で全てが決まる。

命を懸けて絞り出せ。

今頃歯を磨いてるんだろうか、まだ寝ていて遅刻だろうか。

歩き去る全員の顔が死んでる。

Bleed for Painの殺気染みた声が、ギターの音が、脳に響く。

もう限界だろ、てめえのせいでもねえ、誰のせいでもねえ

今の暮らし、抜け出したい、ただそれだけのことだろ

I NEED YOUR LOVE

失敗すれば、ネジ一個間違えれば

死ぬ。

怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて死にそうだ。

朝から首を振って叫びすぎて頭が痛い。集中しろ。

吐き気、集中しろ。

タバコを吸え。

24分前。

覚悟がつかなくてモヤモヤしてる。

AVのどこでいこうか悩んでるみたいに。

独り言ぼやいてるランニングしてるおっさんの声にすらビクビクして心臓がばくばくする。

タバコ吸え。落ち着け。落ち着け。大丈夫だ、心配すんな。

やれるだけやった。ここまで来たんだ。無駄にすんな。

直感は無視しろ、意識しろ、選択しろ、お前の奥底で、本当には望んでないことを。

泣き出しそうだ。叫ぶ声も出ないだろう。

この子に受け入れられないなら誰が受け入れてくれる?

通りすぎたおっさんの睨むツラ。

彼女が見た俺が死ぬ夢。

条件は揃ってる。手札を間違えるな。

1億円のギャンブルよりも怖い。

これ以上悪化すれば望みはない。

意識しろ、信じろ。

死にたくねえ。

 

 

 

吐き気

丁度会う時間には頭痛薬も効いてくるだろう。

9:15、残り45分。

惑わされんな

流されんな

飲まれんな。

寺田町、どんどん近づいていく電車、過ぎ去っていく時間、これほどまでに時間が止まれと思ったことは始めてだ。

俺の話を、耳が破れるまで聴いてくれ

その破れた鼓膜が再生し、破れ、再生し、破れるまで聴き続けてくれ。

桃谷だ。もう後戻り出来ない。

前向け。

失敗したら病院行きだ。

俺は性虐待でPTSDになり、鬱の発作を起こす。

治そうとはして居るが、毎回ドンドン失敗して、この前は窒息死しかけた。

笑いに昇華できる次元じゃねえ。

ガラスを割り、ギターを壊した。

さぁ、もうすぐ駅だ。なんだかんだ言ってもどうにもならない。

命を懸けてやるしかない。

着いた、死にに行く。

 

改札までの階段で少し立ち止まり書いている。

覚悟はできたか?

Let It Be

やれ!

死んでみろ。

気が狂いそう

きつい方を選べ。

階段が歪んで見える。

降りれない。

行くしかねえ。

行ってこい。

また会おう、じゃあな。

くしゃみのハクションがAction!に聞こえた。

くしゃみのハクションがAction!に聞こえた。

電車のホームが嘘みたいに静かだ。

10日、日曜日、俺は日曜日が大嫌いだ。

意識を遮断すると、わずかでも遮断すると

同じことを繰り返す。

寝ていない。発狂しそうになりながら根本の根本にようやく辿り着いた。

奇跡に祈るしかない。

他に方法は何もない。

甘えんな

Gauzeの言葉が身に染みる。

"ケツの穴にチカラ入れて我慢しろ、歯を食い縛れ"

S.O.B.

"後戻りすんな、後悔すんな"

Number Girls

"あの子の本当、俺は知らない。あの子の嘘も、俺は知らない。"

嘘つきの天才、心理学者Fuckin' A.K.A. 風俗嬢相手すんのとは訳が違う。

時間が早く進む、頭痛がする、吐き気がする、帰りたい。

最悪の場合死ぬ。悪化する。俺次第、相手の出方次第

Bleed for Pain

"てめぇのドロドロしたものに、ぶち当たるのは気が狂う、てめえを愛するが故に、無意識にそこを避けてしまう"

隣のOLは何食わぬ顔でジャスミンティーをやたら長い時間飲んでいた。

ものすごく匂いがした。

イライラした。戦場に居る気分なのは俺だけか?

Fuckin' Bullshit

あの子に会えば電源を落とす。次の更新は13日。

流れるイメージを再現しろ。

最低な状況、昇華は辞めろ。

精神の栄養を餌にしろ。

手の感覚ががくがくして、体全身が血走ってる。

失敗すれば次はない。

昔、ラブホテルで働いてみたこともあった。

俺は俺なりにやって来た。でも、もう今は他人の助けを借りないと無理なところまで来た。

今日成功するなり失敗するなりしてもかなりの結果にはなるだろう。

死の淵がすぐそこに見えて、でも生きている。

頭痛薬と水を飲もう。朝から吐きすぎた。

俺を見てくれ

本当の俺を

俺を見てくれ

俺を

俺を見てくれ!!

タラタラ甘えてねえで、ヘラヘラ笑ってねえで、ケツの穴にチカラ入れて我慢しろ、我慢しろ、我慢しろ、歯を食い縛れ、食い縛れ、食い縛れ、食い縛れ

終わりは近い。どっちの終わりなんだ?

孤立

空の下では何にも理解できない

支配された身を預け飛べる体

お前のションベンを滝の雨のように浴びたい

血塗れの豚よりも腐った黄ばんだ爪先を眺め

憂鬱すら受け入れてここに立とう

支配が必然であるのなら俺はそいつを壊す

コンドームを外せ、傷ついた体と縛り付けるボクサーパンツ

お前の涙は咳止めシロップよりも効く

意識を遮断したらシヴァがカーリーと寄り添っていた

俺は土の中に潜り込みお前の行く先を追いかけ踏まれ続けたい

愛し合えば愛し合うほど壊れていく現実を適応させるために

鈍い視界の中で不安な未来を俯瞰で見る

髪の毛を食わせてくれ、俺はその本数をお前に唱え続ける

煩悩の数だけクソをしろ、俺の目の前で真実のスカトロジーを

俺の、宇宙の、勃起した男根に身を委ねろ

宇宙と繋がってる、宇宙はない、この苦しさはない、でも俺はここでさ迷い続けている

永続的連続的真実の輪廻

何を繰り返す?欲望をかなぐり捨て純粋になれ

それでも俺はお前の咀嚼した全ての飯を食いたい

お前が死ねば墓を荒し、全身を食って一体化しよう

Baby、矛盾さ

愛してるが故に肝臓ぶち壊す、鼻の穴を痛める、青い舌、懺悔。

Baby、ナチュラルさ

満員電車で飛び込んでくる自己主張

お前の脚の毛の本数だけ愛してると伝えよう

目障りだ、失せろ。

中学と高校にされてたこと

自分を晒け出すのが

死ぬほど怖い

多分必要としてくれる俺は

傷つけずに愛する都合のいい道具のような俺

ただ、どの俺がマジな話俺なのか

晒け出すのを避けてる俺は本当に俺なのか?

だったとしたら俺は首を吊る

何がしたいんだ俺は

どんな返答を望んでる?

過去の俺をさらけ出すのが怖いんだろう

今の俺とはかけ離れてるが、誰にも見てもらえなかった過去の俺を

 

吐き気がするほど惨めだった

どうやったら俺を見るのか、誰か一人で満足だった。

「踏んでくれ。」

ライヴハウスで女友達にスニーカーで笑いながら頭を踏んでもらったとき、俺の友達は笑ってた。

公園でギターを弾いたとき俺の友達のことが好きだと告げられた。

情けなかった。

「林くん、お腹以外と出てるよな。」

はじめて話かけられた、文化祭。

「ま、まマジで?で、出てるかな。」

「今度遊びにいこ。」

「ほんまに?」

文化祭の二日目、俺は集合時間に間に合わなくて写真に写れなかった。

御世辞なんてその頃はわからなかった。

誰一人、ツイッターのフォローが来なかった。

そこから俺は半年、1時間以上筋トレした。食事制限。49kgまで削った。175センチで。

その時、現実で女と話したのが中学2年以来だった。

中三で塾のやつと話したことはあるが、一人以外は全員連絡が途絶えたし、男も女もみんなで団結してたのに遊園地に行くって、俺だけ唯一、、。そこから群れるのが嫌になった。

本当にショックだった。

そんなときに現れたのがYちゃんだ。

ギャルで、リスカだらけの腕。

ほっぺをさわってきた。「かわいい。」あとで書くが、ボディタッチが無理な理由がそれだ。

「きもちわる、あいつによくさわれるな。」

「ほっぺぷにぷにやで。かわいいやん。」

「無理無理。」

何でか俺は女の子に、グループで団結してた人以外に嫌われていた、塾で。

「あいつ、校舎裏でヤられたらしいで、何人もで、無理矢理。」

「ヤらせてくれへんかな。」

「あいつの腕、ハムみたいやろ。」

俺はクソムカついて、グループのやつの首をつかんだ。

「辞めろよキチガイ。」

その女の子に連絡した。

「俺でよければ話してほしい。」

俺のメールは全員に転送されていた。

Yも、俺の友達の男が好きだった。

思い出した。書いててよかった。

俺がどこから狂ったのかわかったよ。

話が戻る。塾は卒業前に入っていた。上手く記憶を手繰り寄せれなくてぐちゃぐちゃだ。

中学の時、音楽にはまってて吹奏楽部にはいった。

「かわいい。」

友達の居ない俺に話しかけてくれた女の先輩。

俺は何となくかわいく振る舞った。

吹奏楽部には男が三人、40人の女。男二人は4月で辞めて、俺一人になった。

「お前、女やん。」

でも俺は音楽が好きだったし友達も出来た。

彼女も出来た。

彼女はでも、俺が電話しなきゃかけてこなかった。

一緒にデートすることになった。

俺の親戚の姉貴同伴で。

でも、クソ発達障害だか脳萎縮のせいで忘れ物をよくした。

段々、かわいい、が消えて死ねよ、になった。

平気で俺の前で着替えられた。

パンツを見せられたり、

「なぁ、まだチン毛、生えてないやろ?笑」

その頃からイカれだして、彼女に八つ当たりするように「別れよう。」と言い続けた。

その度に泣いてくれた。その時だけ付き合ってる感じがした。

ある17回目ぐらいの別れよう。の時に

「あっ、好きな人できたから。いいよ。」

元カレだった。

俺は彼女と半年付き合ったがキスしたことすらなかった。

元カレにはキスしていた。

なるほどな、思い出してきたよ、どの辺から性別が分からなくなったのか。

すごく傷ついていた。俺の前で着替えられたり、間接キスを強要されたり、耳元で「なぁ、昨日彼氏の舐めた。どう?」って触られたり。

すごく怖かった。先輩だし、責めると叱られる。

色んな嫌がらせをされ続けた。多分大したことない。って思われるだろう。思い出せない。やっと思い出した。あれが俺の女性恐怖と、男が怖くなった理由だ。女としか話せなくなった。友達が出来ても全員、かわいいって言われてる中性的なやつだった。

そうか。だから俺はかわいいと言われたりボディタッチがこわかったりするのか。

 

7時間31分

一人っきりで、誰も居ない戦場に突き放された気分。

怨念と血の匂いだけがあって周りには何もない。

殺気立った自分のツラに吐き気がする。

ここ最近オレンジジュースばかり飲んでる。

もう明日から飲めなくなるだろう。

外は暗い、2時29分。雲が落ちてきて俺を押し潰せばいいのに。飛行機がガコン、と雲を突き抜けるあの瞬間みたいに、俺を圧殺してくれ。

彼女とコンビニへ行く道中の、何事もないかのように済ましたツラした月にイラつく。

「落ちんなクソ月が。」

ボソッと呟く。

俺の前世はなんだ?最低の輪廻だ。また同じ繰り返しかと思うと余りにもかわいそうだ。

コンビニの前でたむろするヤンキーを睨み付けたいが躊躇した。

空笑いが空に溶けていった。俺は苛立ってる。

家について彼女に行った。

「もう少し体が強かったらあいつらしばいとったのに。」

 

「体より心を鍛えないとね。」

大殺界

お前を縛り付けてるものにケリ入れろ

てめーのそのおでこの上で腹空かせてる目で見たものだけを信じろ

人生は最低、地獄の連続

わかりきったこと、弱音ばっか抜かしやがって、俺なら笑い飛ばして殺してやる

お前がお前以外の誰になれる?

机上の空想より目の前の現実受け入れろ

ぬるい煙を噎せるほど吸い込んで

咳き込む喉を癒し

誰よりも早くなって

安心して眠れ

最低の現実をぶち壊すために部屋で死ぬほど空中を殴り付けろ

偉そうに言ってる暇があるなら外に出て叫んでみやがれ

みんなどいつもこいつも死んだツラ

背負い、抱き締めるのは悲しい、苦しいものだけ

弱音は笑い飛ばせ

部屋の隅を睨んで何かを殺せ

誰も傷つけず、自分の体を大切にし

意識をなくすほど何かに没頭してみろ

見える世界は灰色だけど

ここじゃないどこかで

今を感じろ、お前のおでこの上についてる暇してる目玉を満足させてやれ!

半瞑想状態による自動筆記

顔面、尊い顔面、蘇り、汚す、イメージの断続的な連続

明日を終わらせるのは、希望と地獄の真反対の親父のクソの匂いのように通りすぎていくのを待つだけのキチガイの思い込みを思わせる

暗い、夜の散歩、そこにあるのはトンネル

受け入れなさい受動的にぺニスを切り落として祭壇に捧げなさい

あなたは盲信、何かの奴隷が自然、切り捨ててコウモリぐらい怖くて気持ちの悪い、蛆の沸いた、ハエの沸いた、部屋

暗い部屋の夜のなかで三角座り、どうしようもなくガラスを割ってシヴァのフリ

不具者

受け入れるしかできない

気持ちいいのは錯覚と防衛、頭の中はフル回転、嘘で塗り尽くされていく、誰に?

俺が俺であると言うことは俺が喪失してる状態

神経を逆撫でする声のノイズを誤魔化すためにノイズを大きくして

繰り返し続けた果てには何にもない

自殺は歓喜で、鏡に写った顔面を殴るイメージ

肯定?

永遠に異常な行為を繰り返せ

病気にすらなれないなにものでもない

あるがままの俺との折り合いすらつかない、愛想も尽かせない

一生苦しみ続けろ

暴力に対する暴力を受け入れることは決して永遠にできないから壊してほしいけど君までかわいそう

絶望。人間。灰皿。ナプキン。コンドーム。愛一日だけ過集中

達観したって何もない

はじめからなにもなかった

罪、罪、罪、罪、罪

生殖行為、幸せ、お前と飯食えて、お前を食ってしまいたい

壊れてしまえない、永遠に苦しめ。

でも、俺が何をしたのか、理解できない。

解剖して調べたら、断続的に続き続けてた。

面倒くさいからと逃げることもできない否定による肯定

死んでしまうこともできない病気

何者にもなれない病気

受け入れなさい

俺がいったい何をした

絶語

弱音ばっか吐きやがってこのクソ野郎が

一人っきりで乗り越えろ

過去に縛り付けられて足掻き続けて

一人っきりで乗り越えろ

三角座りで悩み続ける弱いやつ

一人っきりで乗り越えろ

机上の空想、犬のクソ

一人っきりで乗り越えろ

言葉は要らない、行動しやがれ

一人っきりで乗り越えろ

煩悩を捨てるって煩悩まみれの仏陀

一人っきりで乗り越えろ

破壊、再生、狂っちまうまで追い込み続けろ

一人っきりで乗り越えてみやがれ

死ね、死ね、死ね、死ね

怨み辛み他人にぶつける前に

死ね、死ね、死ね、死ね

てめえをぶち壊せ