スラッジ禅問答

ダダは何も意味しない。

16時が17時になる5分間 電車

目立ちたくて派手な格好をしてたことがある。大学に入ってしばらくの間。

というか、目立たないように目立たないようにしようとすればするほど目立つからあえてその逆をやればいいって発想が俺のなかで生まれた。

それは失敗した。見事に目立った。が、おかげで人の目が気にならなくなった。

今は、派手ではない、乞色だ。

タイの服を着ている。その中でも比較的、色が暗い。だからとても汚い。ミノムシみたいなやつはさすがに着るのを辞めた。

電車の中で彼女いわく、ものすごく見られているらしい。自覚はしていない。俺の中で一番の服装への気遣いは"人と被らないこと"、"テンションが上がる服装"だ。

友達の仕事を手伝いに行くために電車に乗った。

俺の地元は田舎だ。前に高校生が座ってる。スキニー、キャップ、パーカーから少し出した田舎の高校生。

ダサい。

乗ってきたやつがそいつに挨拶をした。そいつの格好は、スキニーキャップ、パーカーから少し出したシャツ、、。

流行に乗るのはいいが、恥ずかしくないのかな、と思う。

だからって奇抜な格好をするのはアホだ。俺は辞めた。好きな格好をしてりゃいい。

ファッション雑誌のコピーが本当に好きな格好なのかな?と思う。

服装まで人の真似をしだしたら終わりじゃない?と思うよ。自己アピールしろとは言ってない。鏡の前の自分を自分と見てないやつが多すぎる。

知り合いの人は若いときモヒカンだった。それはコスプレや。と言うてた。好きな人と同じ格好になることで自信が出るとかそんなのとか、その格好が好きでやってるんだろう。

俺は疑問に思う。ファッション雑誌の流行りの格好が本当に好きって、マジか?

自分が本当にその格好が好きならその生い立ちとかを探っていくもんだろ?その好きな服装のジャンルのルーツとかは以外と今の一般化した形と変わっているものだ。マークボラン、デヴィッド・ボウイがビジュアル系に変わったみたいに。その自分の好きなのが流行でもいい。でも本当に好きならだんだんルーツに近づいて一般化されてるものとはかけ離れていくと思うんだけどな。

俺はその、黒スキニーの同族意識みたいなのが気持ち悪い。だから、黒スキニー履けば女にモテまくるんだとしても、この全然モテない自分の好きなかっこうしてる方がいいや、と思ってしまう。