スラッジ禅問答

ダダは何も意味しない。

「くわあつ」についての考察~現代日本社会における、"俺って割りと悪いやつなんやで"自己顕示欲、承認欲求の矛先について~

待ち合わせをしていて20分ぐらい時間が空いた。

20分だと、店に行って何も見ずに帰るぐらいの時間だ。

相変わらず人混みが苦手で吐き気がする。

ビッグステップの前で「かぁーつ」、「かぁーつ」が聞こえる。

「かぁーつ」は一体なんなのか。「かぁーつ」、いや、「くわあつ」だ。正確に言うなれば。「うぇっへんえへん、くわあつ」と言う前振り有りのパターンも時々ある。

大体、「くわあつ」は人混みでよく聞こえる音だ。

銭湯なんか「くわあつ」の連続だ。

どこからか「くわあつ」が聞こえ、それに対抗し、より大きい音で「くわあつ」を鳴らす。

「くわあつ」が聞きたいなら銭湯に行くのが手っ取り早い。

勢いよく「くわあつ」をやり、痰を道端に吐き捨てている人は喉の病気なのか?

「くわあつ」グランプリというのが俺の知らないところで開かれていて、日夜優越を競っているのか?

「くわあつ」っ、「ぺっ」、痰のキレと音のでかさで競いあってるのか?

まるでちんぽがでかいだとか、男の勲章みたいに「くわあつ」の大音響を見せるやつは、痰のキレが悪すぎるのか、爆音により自己の存在を他人に認識させているのか。俺には分からない。

俺は「くわあつ」の正体がいつまで経っても分からない。