木曜日について

木曜日は未だにまだ行ってない授業がある。

1発目の授業が休校で、2発目がライヴで休んだ。3発目も休み、そこから出ていない。

その授業が、一番頭の時間だ。

一度でも出ていれば救いがあるが、出ていないのでなかなか木曜日は学校に向かえない。その授業を出れないのでまた次の授業を出るのも難しい。

昨日はそんな今日を予言するかのようにウイスキーを飲んで、爆睡した。

他の授業であればそんな状態でも起きれるのにやっぱ今日は上手くいかなかった。

いま、電車のホーム。うまい具合に電車が来ない。15分も待たされている。

俺はいまなにがしたいんだろうか?

酒を飲んでクソみたいなことを忘れて、学校で飲んで、冷めた頃に家でも飲んで。

シラフが素晴らしいとは思わないが、常に酒を持ってる。終わってる。

今日遅刻ギリギリの時間で目が覚めた夢、隣に元カノが座り、前の席に高校の頃のセフレが座り、今の彼女が俺から離れたところに座っていた。団体で、10人ぐらいで飲み屋に居た。

みんなで飲みながら話す。元カノは俺の今の彼女と瓜二つだ。夢の中では動作まで似ていたが、多分忘れてた記憶であんな感じだっただろう。

前のセフレは元カノ、彼女とは全然違う見た目で全然違う話し方をして居た。

俺は一生俺自身から離れられないと思う。絶対に、絶対に、絶対に。