孤独について

俺は一人でいるのが好きだ。例えばうまい店があると、誰にも教えたくないのだ。

だって俺が独り占めできるから。

きれいな場所も、楽しい場所も、一人で味わいたい。誰とも共有したくない。

そして、さみしくなるから、じゃなく、教えてあげたいな、って人が何人かいる。

それが俺の友達であり、彼女だ。

こいつと食えばもっと楽しい、だから誘う。

その根本には孤独が好き、がある。

人と居ないと楽しめないって感覚はない。友達と遊んでないとつまんないとは俺は思わない。

本屋は一人で行くのが好きだ。自分のタイミングで出られるから。

基本的に飯も一人で食いたい。タバコのタイミングも食い方も、誰にもなにも言われない方が楽だ。

だから俺が誰かを誘うってことは、そいつといると二人でも一人のときと変わらないやつばかり誘う。

俺に全く無関心でありながら見てくれている、そんなやつだけが好きだ。

俺と居ても俺と居ないと思ってくれるやつが好きだ。

俺は、誰かと居ることが一番さみしく、一番つらい。

だから、そいつのことを考えないで自分の自由で居ることが、一番そいつにとって良いことだと思ってる。