スラッジ禅問答

ダダは何も意味しない。

読書日記3 草下シンヤ「実録ドラッグ・リポート」

 

実録 ドラッグ・リポート

実録 ドラッグ・リポート

 

 

 

いつも疑問に思うのは、ドラッグものの小説のスピード感だ。

石丸元章の「SPEED」

中島らもの「アマニタパンセリナ」

行間が多いとかってわけでもない。とにかく読ませる。文章のリズム感がヤバい。

面白い、とも面白くない、とも思わなかったけど、とにかく文章が簡潔で読みやすい。

石丸元章はガンガン突っ走って爆発してる文体、中島らもはものすごく優しく書かれていて、分かりやすく噛み砕いて説明されている感じ。この作者は遠くから物事を眺めてる感じ。

この違いってなんなんだろう?って思う。

セリーヌ、まだ読み終わってない。のにこっちはもう読み終わりそうだ。