スラッジ禅問答

ダダは何も意味しない。

読書日記4 平山夢明「ダイナー」

 

ダイナー (ポプラ文庫)

ダイナー (ポプラ文庫)

 

 

そもそもblogを始めるきっかけになった人が居て、その人の影響で本を読み出し、小説を書くようになった。

この平山夢明のダイナーはその方が好きな本だ。

俺は小説を読むのがあまり好きではない。いや、人以上には読むが、小説好きほど小説を読んでいない。

最近自分の文体にスピード感がないような気がしてきたので小説を読んで勉強し始めた。

この平山夢明は、文章のリズム感がヤバすぎる。速い速い速いヤバい。

比喩がリアルだ。分析するに、例えば刺すような痛みって表現があるとすると、彼は蜂に刺されたみたいな痛み、とか子供でもわかるような単純な表現でありながら、身近でリアルな表現をしている。だからわかりやすい。掴みやすいのだ。

セリーヌがあまりにも読み進めにくすぎるので、ダイナーを読みつつセリーヌを読んでいる。

セリーヌは遅すぎる。文章が停滞している。とにかくキレている。

平山夢明セリーヌも同じぐらいのページ数なのに、平山のは合計2時間ぐらいしか読んでないのに2日間かけて読んだセリーヌと同じぐらいのページ数を読んでいる。

まぁ、ひとつには行間の長さがあるんだろうが、それでもやっぱり読み進めるスピードの違いがある。

ダイナーは人殺しが集まるレストランで働く女の話なのだが、描写がグロい。殺されるシーンとかがめちゃくちゃ多い。

セリーヌは人の毒みたいなのを書いてる。グロいシーンはないのにセリーヌの方が読んでて気分が悪くなる。

人間ってのは、汚い。そして、人殺しなんかより汚い腐った心のやつの方が圧倒的にグロテスクだと思う。

多分ダイナーは今日、明日で読み終わるだろう。セリーヌはいつになるのか。