嗚呼情けなき我が青春

俺の口癖に「本気を出せばモテる」と言うのがある。

本気とは何なのか、問いたい。俺は今、少々酔っている。酒の場合なら分かりやすいよね。

ウイスキーを吐くまで飲めばいい。本気で飲む、そんなもんは簡単だ。

人生は竹馬みたいなものだ。「俺だって練習してれば乗れた。」みたいなもんで、「声をかけてれば落とせた。」だ。交差点を通りすぎたギャルについてならこうやってウダウダなんとでも言えるが、交差点で俺の隣にいるギャルにはなんにも言えない始末だ。クソ。

実際に女友達が出来たとて、ヤれない。大抵が相手の愚痴の相手になるぐらいのもんだ。

まぁ、ここ最近女友達もからきし居ないんだが。

ああ、そうだとも。俺は本気を出せばモテる。

だってな、バーで知り合いの店主の女の人に言われたんだから。

「モテそうやのになぁ。」

な?

50手前の知り合いの人にも言われたぜ。

「林と居たら落ち着く。」

あとは実家に帰れば母親が、、。情けなさすぎるから辞めよう。

俺は実際に一時期モテた。まぁ、2週間だけだ。俺のモテ期は凝縮しまくって一瞬で通りすぎたし、今思えばアレがモテてたとは思えない。

一度だけナンパしたこともある。「ヤらしたげるよ~。」何て言われたんだぜ。

まぁ、「いつ会えますか?」って連絡しすぎて嫌われたけどな。

そう、連絡しすぎがダメなだけなんだ。連絡するのを辞めよう。そうだ、そうだ!

つらい、つらすぎる。

 

本気も出してないのに明日は心療内科睡眠薬を貰いに行く。本気どころか学校にすら行っていないで部屋でJim Beamを飲んでいるだけの俺がソファに鎮座。

坂本九のすっきゃきソングを聞いて泣いた、そんな朝。

広告を非表示にする