スラッジ禅問答

ダダは何も意味しない。

DMT Live at Hokage

朝起きると昨日の記憶が途切れ途切れに散財して散らばっていた。散々だ。気分の悪さと吐き気のなかで起きて俺はまず死のうと思った。

昨日はそういえば、俺の詩を読んだ彼女が、首を絞めてくれた。人生は途方もなく長くて先は暗くて真っ暗で見えない。

死にたいと思っても体は立ち上がる元気がない。フラフラだった。このままどこかへ消えてしまいたかった。そのまま昏睡した。

騒音の苦情に近所のおばはんが来たのかと思ったらマイキーだった。まただ、まただ

どうして俺を一人にしてくれない?

狂いそうなときに話す疲れる。早くどこかに消えてほしかった。でも一人でいても最低だった。

今日はDMTのライヴだ、と思いだし、俺とマイキーはアメ村に向かった。俺たちが信じてきたアメ村はなくなっていた。ただアメ村があるだけ。

俺はデパスを2錠追加し、ろれつがときどきおかしくなりながらLWTを見た。

素晴らしかった、下がってた気分もましになった。泣きそうになった。

暗いんじゃない、救いの音。優しい音。KnelltもKill My Bleeding SmileもLow Watt Gurglerも、どれも、救いの音、という点ではかわりないし、どれも美しくも脆い、最高の音楽だった。

DMTはこのblogに100回くらい出てきてると思う、、。Dance Missing Tiltから一部のメンバーと名前を変えたバンド。DMT。

方向性が変わっていると聞いて、不安だったが、なんのことはない、最高だった。

You Tubeの動画を見たときは、?って感じだった。ドラムが入った編成を見たことがなかったからだ。期待と不安のなかで見たが、すごく楽しかった。

メンバーのかたとお話ししたが、まだまだ変わっていくとのこと。

悪い方には絶対に変わらないだろう。

苦しみの具現みたいな音楽をしていたdmtが、その先の景色、でもそこにまだ到達していない、そんな景色、俺とダブった。

 

俺はライヴが終わり、デパスを追加してから外に出て、風俗に行った。女の子にしゃぶってもらい、甘えて、頭を撫でてもらった。体が柔らかった。3回ぐらい萎えて、やっと出た。

「お兄さんはたぶん、優しすぎるんだと思う。」

知らない女の胸のなかで、柔らかさの中で、終電を逃したことと、どうしようもない人生について悔やんだ。

そのあと薬局でブロンを買い、いやちょっと待て、お前、落ち着け。そう思った。こんなもん捨てちまえ!俺は家系ラーメンを食った。涙が出るほどうまかった。

ツイッターを見るとファープレインってバーで友達が働いているらしかったから行くことにした。どうせやることもない。

俺はウイスキーをストレートで3杯流し込んで、少しの間いろんな人と話した。

「君にはどうすることもできないから諦めなさい。あなたは頑張りすぎ。」

「お前は悩みを自分で作ってるだけ。」

「お前、ポン中に見えるぞ。」

俺にはわからない。何が正しいのか。少なくとも最後だけは正しくないが。

そのあと混沌で飲んだ。

みんな苦しんでる。この世界はなんにも変わらない。叫ぶことしかできない俺を、優しく包み込んでくれ。もしかしたらそいつは死なのかも、もしかしたらそいつはさっきクンニしたマンコなのかも。