スラッジ禅問答

ダダは何も意味しない。

読書日記7 石川啄木 「一握の砂、悲しき玩具」

 

一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集 (新潮文庫)

一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集 (新潮文庫)

 

 まぁ、これを読め。そしてわからないならもう本を読むのやめろ。

一人が、崖の落ちるギリギリ寸前で踏みとどまりながら、押されながら踏ん張りきってその間の心中を素直に書き、結局死んでしまった。

全てのどうにもできない感情が、感情として芽生える一瞬前をとらえた詩。完璧だ。

適当にはぐって、ときどき、少しずつ読んでいる。