スラッジ禅問答

ダダは何も意味しない。

トラウマの再現台本を書く

普通の人がすると気が狂う。

一歩間違えればそのトラウマの方に飲み込まれて依存になってしまう。

ある意味でトラウマは強烈な体験なのだ。

バッドトリップみたいなもので、気が狂うのをやめられなくなったりする。

自我を他者として客観的にトラウマ状態を受け入れ、再現できなければ最悪の場合自殺、もしくは永遠に異常な行為を続けなければならない。

現にだが、性的に筆舌にし難いほどズタズタにされてボロボロになったことがある。

なんというか、自慰行為時は、風俗で、その行為を見て大抵興奮する。

その度に自己嫌悪を繰り返すが辞められない。吐きながら当時を思い出し、自慰を繰り返すのだ。

うちひとつの強烈な体験として、"(書けない)"があり、一日6時間ほど没頭しながら繰り返し続けたことがある。

終了後、心臓が破裂しそうになり、過呼吸になり、吐き、自己嫌悪を増加させた。

それはとある事情で絶望し、無事にそれ以後繰り返すこともなくなった。

今回ばかりは首を吊るか、最悪の場合今ある全てを失うことになる。

人生で最高峰の賭けだ。ここまで物を壊し、気がおかしくなったことは今までない。

全てをシヴァに委ねる。